【とんかつ喫茶店でカツカレー!】ママン(南あわじ・福良)

今日は「とんかつが美味しい喫茶店」、ママンさんでカツカレーを堪能してきたのでそのレポです!

もう満腹です・・・。

ママンってどんなお店?

ママンの外観
うずしおクルーズの船が出船する港町、福良にあります。

淡路交通のバス停からも徒歩1分で着いちゃう好立地です。

ママンの店内
店内はテーブルで7席あります。大体30人くらいは収容できそうです。

とんかつメニューがいっぱい!

お店は喫茶店ではありますが、とんかつメニューが本当に充実!

普通のロースカツ定食だけでなく、淡路島ポーク(猪豚)を使った特上ロースカツ定食、鹿児島産の黒豚を使った黒豚ロースカツ定食と、ロースカツ定食だけで3種類あります。

素材にこだわりあり!ということで、チキンカツ定食は徳島の阿波尾鶏が使用されています。

他にも、エビフライ定食やシーフードフライ定食もあり。揚げ物関連はほぼ網羅されていますね!

ちなみに、定食はご飯とキャベツを1回おかわりできます。

カツカレーは?

カツカレー(900円)はこんな感じ。
ママンのカツカレー
印象としては、結構、デカイ。

お皿の直径、20cmは優に超えています。22~25cmくらいです。

プラス300円で大盛にできますが、大盛にしたらどうなるんだろう・・・。

ママンのカツカレー
ルーはとろみが強い感じですが、サッと引く辛さで食べやすいです。

ヒット&アウェイの上手いボクサーのように、最初の辛さがサッと引きます。キレがある系で爽やかな印象です。

具材は、玉ねぎがメインです。とろとろの玉ねぎかと思いきや、サクサク。

おそらく、煮込み玉ねぎとは別にスライス玉ねぎを後追いで入れてくれているんでしょう。

上に乗ったカツは特製ソースがかけられており、カレーに絡めずとも美味しい♪

しかし、カレーに絡めてももっと美味しい!

特製ソースは味噌ベースなのか、少し甘めの感じです。

特製ソースがカレールーと合わさると、奥深い味わいになります。

サッと引くカレーのジャブと、じわじわ口の中に広がる特製ソースのボディ・ブローのコンビネーションです。

これは相性がいいはずだわ・・・。

CHEMISTRY、起きてます。

ソースにフィーチャーしてしまいましたが、カツも妥協のない厚み!

カツカレーだと結構ペナペナのカツが乗っていることが多いですが、さすがとんかつにこだわりがあるお店、カツカレーも十分美味しいです。

なにせ脂身を「うまっ!」と感じたのは久々でした。いつぶりだろう・・・。

こんどはロースカツ定食を楽しみたいです♪

グループでも入れてボリュームもあるので、アワイチなど自転車で淡路島一周される方々にもおすすめです!

とんかつ喫茶ママンの店舗情報

営業時間:【月〜水】8:15~14:30(LO)/【木〜日】8:15~19:30(LO)
定休日:なし(不定休、2ヶ月に1度程度)
電話番号:0799-52-0020
住所:兵庫県南あわじ市福良甲1529-4

また、近隣店舗では喫茶フラミンゴのカレーが美味しいです♪

フラミンゴのカツカレー

カツのレベルはママン、カレー自体のレベルはフラミンゴというパワーバランスですね。

以上、「【とんかつ喫茶店でカツカレー!】ママン(南あわじ・福良)」でした!

淡路島のおすすめスポット情報はコチラ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA