【淡路島で一番安い海鮮丼ランチ!?】福良マルシェ

淡路島の福良マルシェで海鮮丼ランチしてきたので実食レポです!

ひょっとしたら、淡路島内で一番リーズナブルにいただける海鮮丼ランチかもしれません・・・!

自分の好きなお刺身で作れたのが楽しかったです。

淡路島の福良マルシェとは?

淡路島の南部、うずしおクルーズで有名な福良地区にあります。

マルシェ(市場)というだけあって、産直野菜など地のものをメインに、お土産品なども多く取り扱われています。

ここのマルシェは野菜だけではなく、近隣の漁港などから新鮮なお魚も仕入れています。

もちろんお持ち帰りとして買って帰ってもOK。

そして、隣の飲食スペースで自分で盛り付けしてセルフ海鮮丼としていただくこともできます。

ステップとしては、①好きなお刺身を選ぶ、②隣の飲食スペースで「白飯」と一緒に購入する、③飲食スペースで好きなようにいただく、という3つですね。

店内にはお醤油、わさび、小皿、おはし、お手拭きと、アイテムは色々揃っています。

福良マルシェのセルフ海鮮丼、実際どんな感じ??

今回は、お刺身3点盛(生さわら、たこ、コショウダイ)とご飯(中)とをオーダーしました。

ちなみに、右のご飯は子ども用の(小)です。

ご飯(中)が220円、お刺身3点盛が380円なので、締めて600円(税抜き)で海鮮丼が食べられるわけです。

おそらく、島内の海鮮丼としては最安値なんちゃうかな・・・。

こんな感じで盛り付けてみました。

生サワラは上品で、口の中でじんわりと脂がひろがっていく感じです。

繊細でとろとろな甘み。

西京焼きでお馴染みの食材ですが、お刺身の繊細さは大人向けの味わいです。

たこは柔らかくてぷりぷり。

全然固さを感じないのは、筋肉繊維がきちんと下処理されているからでしょう。

コショウダイは、スズキやイサキにちかく、さっぱりといただけました。

実際に食べてみて感じましたが・・・このセルフ海鮮丼の神髄は、「大人数で色々なお刺身を買って、シェアして食べること」だと思います。

たとえば、3人で別々の刺身3種盛を買ったとすれば、9種類のお刺身が味わえるわけです。

お刺身は1種類あたりだいたい3切れ入っているので、3人組であれば仲良くシェアできると思います♪

また、はも(鱧)の湯引き(380円)も合わせて買ってみました。

もっちりさっぱりしつつ、舌の上でじんさりと脂が広がるような、奥行きのある旨味です。

これもかなり繊細なので、大人向けの味なんでしょうね。

それにしても、はも(鱧)をいただくと夏!って感じがしていいですね♪

淡路島内で、このお値段ではも(鱧)を買えるところはなかなかないので、かなりレアで有り難い一品です♪

ちなみに、最近 新メニューとして「島のハモ天冷麺」が発売されたようです。

きゅうり、錦糸卵、トマト、そしてはも(鱧)。

さっぱりとして、これからの季節これもめちゃくちゃ美味そうですね。

淡路島はそうめんもかなり美味しいので、ちょっとまた別の機会にチェックしてみたいです。

【2017年1月追記】またまたセルフ海鮮丼ランチしちゃいました

じゃじゃん。

今度は奮発して5種盛でセルフ海鮮丼ランチをつくってみました。

奮発・・・といっても、お刺身600円+白飯(中)220円で820円。

十分良心的なお値段なんですけどね。

ハマチに生サワラ、タチウオにハリイカとタコというラインナップです。

寒の時期の旬の魚ということもあってか、ハマチと生サワラが絶品!

生サワラは甘くてもっちもち、ハマチは弾力がすごくコリッコリかつ肉厚でした。

個人的にはハリイカのサクサクとした食感も大好きです。

今回は、げそのから揚げもサイドメニューとして買ってきました。

う~ん、これはプシュッとしたくなるやつやで。

ギュッとした旨み、冷めてても美味しいってのは嬉しいですね。

店舗情報(福良マルシェ)

営業時間:10:00-18:00
定休日:無休
電話番号:0799-52-1244
住所:兵庫県南あわじ市福良甲1530-2

 

関連記事淡路島ランチで食べてほしい、おすすめの人気海鮮丼まとめ!

以上、「【淡路島で一番安い海鮮丼ランチ!?】福良マルシェ」でした。

淡路島のおすすめスポット情報はコチラ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA