淡路島の隠れ家カフェ「ティータ」でお茶してきたよ!

ティータの看板

淡路島の隠れ家カフェ「ティータ」でお茶してきたのでその突撃レポです!

老夫婦がリタイア後に開いたような、まったりとしたカフェでした。

淡路島の隠れ家カフェ「ティータ」

ティータの外観

カフェティータは淡路島の西のはじっこ、丸山地区の晴海が丘という別荘地にあります。

ティータの看板

看板も手作りのようで、ほっこりとした仕上がり。

ドアを開けると広がるのが、優しい木目と柔らかな光が印象的なログハウス調の店内。

ティータの店内

接客には不慣れ?な印象ではあるものの、丁寧なマスターと奥様の二人で切り盛りされていました。

お洒落に突き抜けているというよりは、ちょっと素人感があって家庭的な雰囲気です。

ティータのメニュー

ティータのメニュー

メニューはこんな感じ。

ティータのメニュー

モーニングには結構力を入れているようで、外にはボードも出ていました。

ティータのフレンチトーストとコーヒーと

ティータのパンケーキ

今回オーダーしたのは、フレンチトースト(500円)のドリンクセット(+200円)。

ドリンクは通常オーダーで一律400円なので、200円お得なセットでした。

ティータのパンケーキ

フレンチトーストはぐじゅぐじゅのウマウマです。

なによりソースがいいですね。

・・・フレンチトーストのたまごと牛乳のつけ汁っておシャレにいうとなんというんでしょうか。

ま、ソースでいいか。

なによりソースがいいですね。

パンは・・・こんなもんか?

ティータのコーヒー

コーヒーは酸味があり、さっぱりとしたテイスト。

ティータのアイスティー

愛妻はアイスティーを。

ティータのソフトドリンク

子供はりんごジュースをいただきました。

ミイのカップを見て思いましたが、北欧調を意識しているのかもしれません。

▼▼▼

静かで落ち着いた店内なので、ちょっと小さな子供連れには居心地が悪いかな〜と思いました。

かといって大人だけでいくかというと・・・

店内のBGMが「サザンのTSUNAMI」と「福山雅治の桜坂」のギター・インストゥルメンタル2曲がエンドレス・オール・リピートなので・・・

お察しください。

2000年前後にタイムスリップできるかもしれません。

以上、「淡路島の隠れ家カフェ「ティータ」でお茶してきたよ!」でした!

こちらの記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA