淡路島ランチで食べてほしい、おすすめの人気海鮮丼まとめ!

こういっちゃなんですが、「◯◯ ランチ おすすめ」とかで検索すると、結構しょーもないサイトがヒットしませんか?

「魚介」で検索してるのに、なぜかステーキ店が紹介されてたり。

「お前それ食べたことあるんか〜い」というようなペラな紹介文しか乗ってなかったり。

せっかく淡路島には美味しい魚介・海鮮丼があるのに、雑誌に乗っているようなお店ばかりが注目されてしまうのはもったいないな〜と。

いうことで、個人的にいろいろ食べ歩いて「美味しい!」「淡路島外の人にも食べてほしい!」という人気海鮮丼をまとめてみました。

1.うおたけ鮮魚店やけんどの「海鮮丼」

淡路島で一番オーソドックスに海鮮丼を楽しめるのが、「うおたけ鮮魚店やけんど」。

魚屋さん直営の食堂なので、日替わりの海鮮ネタが楽しめます。

季節によってネタが変わるので、ついつい通いたくなるお店です。

淡路島の飲食店では珍しく、ディナー営業もしています。

電話番号:0799-84-1120

住所:兵庫県淡路市育波584-1

 

※詳しくはこちらの食レポをどうぞ→淡路島「うおたけ鮮魚店やけんど」で海鮮丼!実食レポ!

2.道の駅うずしおレストランの「白い海鮮丼」

淡路島の地魚を満喫するなら、道の駅うずしおの「白い海鮮丼」。

淡路近海は黒潮の影響を受けないため赤身の魚こそ数少ないですが、鳴門や明石の速い潮流に揉まれて白身魚のキュッとしまった食感を堪能できます。

トロやサーモンに逃げず、季節の地魚を堪能できる一杯。

ご飯に乗せず、お刺身としていただくのもアリ。

大鳴門橋や鳴門の渦潮を眼下に望む立地も魅力的です。

電話番号:0799-52-1157

住所:兵庫県南あわじ市福良丙947-22

 

※詳しくはこちらの食レポをどうぞ→道の駅うずしおのレストランで「白い海鮮丼」実食!

3.福良マルシェの「セルフ海鮮丼」

自分でネタを選ぶ楽しみ、福良マルシェの「セルフ海鮮丼」です。

福良マルシェは産直市場なのですが、お刺身を買ったら隣のイートインでライスを買い求め、自分でセルフ海鮮丼を作ることができます。

ネタは福良港そばのクボタ水産から毎日仕入れている地魚のお造り。

グループでいろんなお刺身を買って、みんなでシェアしながら超多品種な海鮮丼を作るのも楽しいです。

淡路島の海鮮丼はちょっと高めのお値段が多いですが、セルフ海鮮丼は気負わず気取らずにいただけるカジュアルさも魅力です。

電話番号:0799-52-1244

住所:兵庫県南あわじ市福良甲1530-2

 

※詳しくはこちらの食レポをどうぞ→淡路島のセルフ海鮮丼ランチ、福良マルシェで実食!

4.あさじの「炭焼きあなご弁当」

淡路島の北淡エリアは穴子が名物ということで、あさじの「炭焼きあなご丼弁当」です。

味はもちろん、香りや食感まで堪能できる一品。

亘の焼き穴子弁当も美味しいんですが、あさじは穴子の時雨煮もオンされていてダブルで楽しめるので、こちらを選ばせていただきました。

海鮮丼というとお刺身のイメージですが、淡路島の海鮮というテーマなので炭焼き穴子もセレクトさせていただきました。

電話番号:0799-82-0757

住所:兵庫県淡路市浅野南101-6

 

※詳しくはこちらの食レポをどうぞ→持ち帰りOK!淡路島の焼きあなご弁当「あさじ」実食レポ!

5.お多福の「炙り生さわら丼」

地元民に愛される食堂お多福でいただける、淡路島ならではの「炙り生さわら丼」。

西京漬けで有名なさわらですが、淡路島ではとれとれのさわらが生でいただけます。

で、いろんなお店が生さわら丼を出していますが・・・一番感動するのはここです。

食べログにもデータがない地域密着店、おすすめです。

電話番号:0799-33-0341

住所:兵庫県洲本市五色町都志174-1

 

※詳しくはこちらの食レポをどうぞ→淡路島「お多福」の生サワラ丼実食レポ!食べログデータなし

6.浜ちどりの「生しらす丼」

淡路島の名物、「生しらす丼」をいただけるのが岩屋の浜ちどり。

淡路島では各地で生しらす丼をいただけますが、生しらす本来の旨味を堪能したいならココが一番!

余計な刺身などトッピングは入れず、生しらすと薬味だけで勝負している名作な一品です。

電話番号:050-5590-4889

住所:兵庫県淡路市岩屋925-27 岩屋ポートビル 2F

 

※詳しくはこちらの食レポをどうぞ→淡路島岩屋「浜ちどり」の生しらす丼実食レポ!

7.中原水産の「しらす釜揚げ丼」

海産物の加工販売をしている中原水産直営の「しらす釜揚げ丼」。

新鮮な釜揚げしらすは、ふわっふわ・もっちもちで口いっぱいに広がる食感が特徴です。

淡路島の庶民の味、茹でたての釜揚げしらすを堪能できます。

電話番号:050-5571-5212

住所:兵庫県洲本市炬口1-1-41

 

※詳しくはこちらの食レポをどうぞ→ふわふわもちもち!中原水産の釜揚げしらす丼実食!

8.トロ兄ィー食堂の「赤身&ネギトロ丼」「ネギトロ丼」

ああ、俺は圧倒的にマグロを!トロを!食べたいんだ!という方にはトロ兄ィー食堂の「赤身&ネギトロ丼」「ネギトロ丼」をおすすめします。

淡路島のマグロ卸専門店、松秀さん直営のマグロ食堂です。

徐々に口コミで名を知られ、島内島外を問わず開店直後から多くのお客さんが訪れます。

焼肉やバイキングと似たような快感物質が溢れ出る「赤身&ネギトロ丼」は1,000円以下のお値段でいただけちゃいます。

真のネギトロマニアにチャレンジしてほしいのが、「ネギトロ丼」。

ご飯よりネギトロのほうが量が多いです。

心して食らってください。

電話番号:0799-20-4904

住所:兵庫県南あわじ市広田広田892-1

※詳しくはこちらの食レポをどうぞ→淡路島「トロ兄ィー食堂」でマグロ尽くしトロ堪能!幸せか!

▼▼▼

お刺身にとらわれず、淡路島でぜひ一度食べていただきたい海鮮丼をご紹介しました。

個人的に、他じゃこんなの食べられない!というのはお多福の「炙り生さわら丼」とトロ兄ィー食堂の「ネギトロ丼」です。

魚介類が豊かな淡路島で、いろんなグルメに出会っていただけると嬉しいです!

以上、「淡路島ランチで食べてほしい、おすすめの人気海鮮丼まとめ!」でした!

淡路島の海鮮丼ランチ(食べログ)

こちらの記事もよく読まれています

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA