おすすめ!道の駅うずしおのお土産セレクション!

道の駅うずしおは、お土産がいっぱい!

淡路島観光で立ち寄る方も多いスポットです。

ビレッジバンガードさながら、あれこれあるお土産品。

どれにしようかな〜と目移りしてしまうのも楽しいですが・・・。

その中でも、自分で買って「これはよかったな〜」「これは喜んでもらえたな〜」というものを厳選ピックアップしてみました!

道の駅うずしおのお土産セレクションその1.「玉ねぎ」

淡路島と言ったらやっぱりこれ!

玉ねぎですね。

玉ねぎはいろんな種類がありますが、「濱田ファーム」の玉ねぎが特におすすめです。

その美味しさから、「鉄腕DASH」「月曜から夜更かし」など様々なメディアに取り上げられています。

道の駅うずしおでは、「てっちゃんの玉ねぎ」として売られています。

玉ねぎの旬は春〜梅雨明け頃までですが、オフシーズンも超早稲で葉まで楽しめる「シャルム」など様々な品種の取り扱いがあるので安心です。

道の駅うずしおのお土産セレクションその2.「オニオンチップス」

淡路島の玉ねぎをそのままカリッと揚げた、オニオンチップス(241円)。

本物の玉ねぎより手軽に、本物らしい玉ねぎを楽しみたい!という方におすすめです。

ベジッ●スの高級版、といった感じ。

素材の旨味が生きてます。

帰り道の車の中でパリパリつまめちゃうので、お土産として買った人は気をつけてくださいね。

テイストは3種類あるので、食べ比べてみるのも楽しいですよ〜!

関連

道の駅うずしおのお土産セレクションその3.「玉ねぎスープの素」

手軽に玉ねぎの旨味を楽しめる、玉ねぎスープの素(500円/12袋)。

12袋で500円と、比較的リーズナブルにゲットできます。

自分用に買って、そのままスープとして飲むもよし。

お料理の隠し味として、コンソメ代わりにサッと使うもよし。

仲のいいグループのバラマキ土産に、たくさん買って何袋かばらまくのもよし(当然オフィシャルなグループにはおすすめしません)。

色々と応用が利くアイテムです。

道の駅うずしおのお土産セレクションその4.「大江海苔」

これは・・・究極のお土産品かもしれません。

地味ながらめちゃくちゃ喜ばれる1品、大江海苔(600円/48枚)です。

特徴は、もうこれでもかというほどパリッとした軽快な食感。

大江海苔をご飯にお箸で巻こうにも、真っ二つにパリッと折れてしまい巻けません。

それほど圧倒的なパリパリ感。

それでいて、お味も結構上品な美味さ。

よくある化学調味料ギンギンの味付け海苔ではなく、非常に食べやすいテイストの味付け海苔です。

自分は味付け海苔は「甘ったるくて嫌い」派ですが、大江海苔については「好き」派です。

牛乳は嫌いだけどコーヒー牛乳は好き、みたいな。

味付け海苔は嫌いだけど大江海苔は好き、みたいな。

既存の味付け海苔と一線を画す存在。

一食の価値ありです。

ちなみに、うちの両親は「お土産何がいい?」と聞くとまず「大江海苔!」とアンサーが返ってくるほどファンです。

道の駅うずしおのお土産セレクションその5.「山田屋のジャム」

 

これはちょっとレアなお土産。

淡路島で金曜日にしかオープンしない、いちご農家山田屋のいちごジャム。

トーストに塗るだけで、毎朝の食卓がバラ色になること請け合いです。

(もともと毎朝の食卓がバラ色の人は、さらにもう1輪分バラ色がプラスになります)

あわせて読みたい!

 

 

 

これ、山田屋の本店で買うとすると至難の技。

なにせ金曜日しかオープンせず、店舗もちょっと行きにくい。

ですが、道の駅うずしおなら取り扱いがあるので気軽に買えちゃうという!

グレートですね。

我が家も、自宅用によく買って帰ります。

とろとろになったイチゴの皮の食感まで楽しめちゃいます。

ただ、一般的なジャムと比べて賞味期限が短いので注意が必要です。

▼▼▼

淡路島ならではの農産物、海産物、お菓子、調味料にお酒まで。

様々なお土産が揃う「道の駅うずしお」ですが、個人的なおすすめをチョイスしてみました。

所狭しと様々なお土産が並ぶので、色々見て回るのも楽しいです。

道の駅うずしおではグランプリで日本一になったご当地ハンバーガーも楽しめるので、そちらもチェックしてみてくださいね。

 

道の駅うずしお

以上、「おすすめ!道の駅うずしおのお土産セレクション!」でした!

淡路島のおすすめスポット情報はコチラ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA